HIRO FUKUCHI

ABOUT ME

1966年(昭41)2月4日(小泉今日子と全く同じ日)江別市生まれ。 この日、千歳発の全日空機が羽田沖で墜落し、雪まつりの観光客などでほぼ満席の133人全員が死亡している。1986年、大学在籍時にHBC(北海道放送)のパーソナリティ試験に合格。 その後、深夜番組を担当。バブル絶頂期89年、大学卒業と同時に就職もせず現実逃避、ワーキングホリデー制度でカナダへ。 当時放送されていた倉本聰さんのドラマ「ライスカレー」を見てログハウスメーカーで丸太の皮むき、北米最大のスキーリゾート・ウィスラーでツアーガイドをする。 1年後帰国。 90年 、縁あってHBC(北海道放送)で再び番組を数本担当。(伝説のDJ、 Mr.デーブマン・ジャンボ秀克氏らと番組やイベント共演) 93年 FMノースウェーブ開局時に試験を受け、補欠合格。 同時期UHB (北海道文化放送)夕方の情報番組「ポテトジャーナル」にレポーターとして出演。 「料理が得意」と偽って、料理コーナーのアシスタントを担当し3年続く。 TVh(テレビ北海道)深夜のスキー番組「スキックス」。 その後もHTBでは深夜「TVノース」「ジキルとハイド」、UHB「窓をあけて」「Yoi Don!』等にも出演。様々なテレビ局、番組から出演要請をいただく。 FMノースウェーブでは主に週末を担当するが、 2002年には金曜日の朝7時から夜8時まで "Hiro's Friday Station Drive 7-20" を担当。 なんと放送時間13時間!! 2003年新境地開拓、夕方の情報番組HTB『イチオシ!』のMCに。 2005年からはノースウェーブは土曜日『Station Drive Saturday』(ステドラ)を担当。 2007年 HTBでファイターズ応援番組 “FFFFF” がスタート。 フィールド外での選手の魅力を再発見する番組としても道内外から注目されている。 2019年3月、16年間続いた情報番組「イチオシ!」の司会を卒業することに。4月からステドラは15年目、FFFFFは13年目に突入。昨年末から久しぶりにUHBで深夜番組「宵note」がスタート。

 

最近はゴルフの調子も情熱も上がらず停滞気味。良い時で70台、悪ければ90台も。ホールインワンは通算2回。 (他、サブグリーンのカップに1度)ベストスコア72。8年前にイチオシ!番組打ち合わせ中に椅子に座っていて左ひざ半月板を断裂し手術。その後、リハビリがてら始めたボウリングはその後も継続、54歳の誕生日当日ボッチボウリング(「ひとりで」って事)、一日20ゲーム、ベストスコアは257と更新。(2020/2/4現在)

1964年製のフォルクスワーゲン・Type2を所有。HTB「ハナタレ・ナックス」のオープニングで使用されている。ハンドルが重くて、寒くて、暑くて、雨の日は危ないので(!)乗るのは年に4、5回。レストアは完了したが、チョコチョコと楽しみながら修理というか改造中。ちなみに塗装を施し、もう「ハナタレ」の時の黄色のボディでは無い。お気に入りの音楽はジャック・ジョンソンはもちろん、ステドラの中で紹介するため70年代~90年代のAOR系CDを相変わらずアマゾンで月に数枚購入している。

2019年4月から平日のレギュラー番組がなくなり、ぽっかり空いたスケジュール。昨年は何で埋めようか考えていたが思いのほかやることが山ほどあり全然ヒマにならない。ただし金にならない上に金がかかる趣味ばかり。残高は怖くて確認していない。

 

四捨五入しても50代最後の年。

54歳。

Copyright​ 2016 - 2020 Hiro Creative office inc.

All right reserved.